1. 武田泰淳「ひかりごけ」
  2. 柴田翔「されどわれらが日々−」
  3. ハイネ「ドイツ古典哲学の本質」
  4. 深田久弥「日本百名山」
  5. 竹内洋「教養主義の没落」
  6. 松本清張「小説「東京帝国大学」」
  7. 小田壽「株主代表訴訟 勝訴の記録」
  8. 内田義彦「読書と社会科学」
  9. 尾崎喜八「山の絵本」
  10. 島崎藤村「夜明け前」
  11. ウェストン「日本アルプスの登山と探検」
  12. 戒能通孝「法律入門」
  13. 寺田寅彦「寺田寅彦随筆集」第5巻
  14. 宮崎市定「アジア史概説」
  15. 都留重人編「現代資本主義の再検討」
  16. 桑原武夫編「フランス革命の研究」
  17. 樋口陽一「比較のなかの日本国憲法」
  18. 増村征夫「安曇野 一日の花歩き野歩き」
  19. 平林雅英「ANSI C言語辞典」
  20. 岡田喜秋「思索の旅路」
  21. マービン・ハリス「食と文化の謎」
  22. 松下竜一「豆腐屋の四季」
  23. 武光誠「地名の由来を知る事典」
  24. 中島敦「山月記」
  25. 森鴎外「附寒山拾得縁起」
  26. 井上俊「死にがいの喪失」
  27. 浦松佐美太郎「たった一人の山」
  28. シグマンド・ノイマン「大衆国家と独裁」
  29. 丸山真男「後衛の位置から」
  30. 塩野七生「ローマ人の物語・勝者の混迷」
  31. 藤田省三「維新の精神」
  32. 高橋和巳「人間にとって」
  33. きだみのる「ニッポン気違い列島」
  34. 宮沢俊義「民主制の本質的性格」
  35. 清水盛光「家族」
  36. 我妻栄「国民の権利か国民の義務か」
  37. バラクラフ「現代史序説」
  38. ハーバート・ノーマン「クリオの顔」
  39. 中久郎「共同性の社会理論」
  40. 朝永振一郎「鏡の中の世界」
  41. 家永三郎「検定不合格日本史」
  42. 上野千鶴子「スカートの下の劇場」
  43. キトレッジ・チェリー「日本語は女をどう表現してきたか」
  44. 椎名麟三「深夜の酒宴」
  45. 中村希明「人はなぜ酒を飲むのか」
  46. 徳富蘆花「謀反論」
  47. ランドール・コリンズ「脱常識の社会学」
  48. 湯沢雍彦「家族と家族法」
  49. 竹内久美子「男と女の進化論」
  50. 憑夢竜撰「笑府−中国笑話集」
  51. 桑原武夫編「文学理論の研究」
  52. 清水幾太郎「愛国心」
  53. J.K.ガルブレイス「新しい産業国家」
  54. 清水幾太郎「社会心理学」
  55. 柳田國男「雪国の春」
  56. 河上肇「貧乏物語」
  57. 相倉久人「現代ジャズの視点」
  58. マルサス「人口の原理」
  59. 松本清張「半生の記」
  60. 富島健夫「おさな妻」
  61. 大石慎三郎「江戸時代の再検討」
  62. 本多勝一「日本語の作文技術」
  63. 原民喜「原爆小景」
  64. 森川達也「文学の否定性」
  65. 松浦玲「新選組」
  66. M.ウェーバー「職業としての政治」
  67. R.ペネディクト「菊と刀」
  68. R.C.オルドリッジ「核先制攻撃症候群」
  69. 鶴見和子「おくれてきたものの科学技術革命への寄与」
  70. 清水幾太郎「社会学入門」
  71. 中山治一「帝国主義の開幕」
  72. ウェールズ「世界史概説」(Penguin Books)
  73. 渡辺洋三「法というものの考え方」
  74. 井上靖「詩集 北国」
  75. 福田歓一「現代政治と民主主義の原理」
  76. 松島静雄・中野卓「日本社会要論」
  77. レヴィ・ストロース「悲しき熱帯」
  78. 横田濱夫「そんな会社、やめてしまえ!」
  79. 塩原勉「官僚制の組織論的検討」
  80. 畔上道雄「推理小説を科学する」
  81. 波多野精一「西洋哲学史要」
  82. 青山秀夫「マックスウェーバー」
  83. 青山秀夫「マックスウェーバーの社会理論」
  84. 大江健三郎「厳粛な綱渡り」
  85. 夏目漱石「彼岸過迄」
  86. 夏目漱石「硝子戸の中」
  87. 芥川龍之介「義仲論」
  88. 土屋祝朗「紅萌ゆる」
  89. 湯浅浩史「花の履歴書」
  90. 梶井基次郎「檸檬・冬の日」
  91. 阿川弘之「山本五十六」
  92. 原爆災害編集委員会「THE IMPACT of THE A-BOMB」
  93. 島崎藤村「千曲川のスケッチ」
  94. 伊東光晴「現代の資本主義」
  95. 夏目漱石「門」
  96. 澤地久枝「密約 外務省機密漏洩事件」
  97. 瀬名秀明「パラサイト・イヴ」
  98. 藤井孝一「週末起業チュートリアル」
  99. モーパッサン「脂肪の塊」
  100. グリム兄弟「グリム童話集」(レクラム文庫版/ドイツ語)
  1. 日本戦没学生記念会「第1集 きけ わだつみのこえ」
  2. 南博「日本的自我」
  3. 柳田国男「青年と学問」
  4. 三好達治「三好達治詩集」
  5. 菊池寛「形」
  6. 犬養孝「万葉の旅」
  7. 神戸新聞社編「ひょうご 味の旅」
  8. 尾崎紅葉/山田美妙/廣津柳浪/川上眉山
  9. 安部公房「榎本武揚」
  10. 大江健三郎「持続する志」
  11. 小林秀雄「ドストエフスキーの生活」
  12. 佐伯千仭「刑法講義(総論)」
  13. ウェーバー「プロテスタンティズムの倫理と資本主義の精神」
  14. 篠原一「日本の政治風土」
  15. 尾高朝雄「法の窮極に在るもの」
  16. 升味準之輔「政治学講義」
  17. M.ウェーバー「社会主義」
  18. 三好達治「詩を読む人のために」
  19. 田中美知太郎「人文主義の抵抗」
  20. 丸谷才一「たった一人の反乱」
  21. 坂口安吾「堕落論」
  22. 司馬遼太郎「項羽と劉邦」
  23. マルキド・サド「悪徳の栄え」
  24. シェイエス「第三階級とはなにか」
  25. 中野重治「歌のわかれ」
  26. 西田幾多郎「善の研究」
  27. 粟田賢三・古在由重編「岩波 哲学 小辞典」
  28. 河井酔茗「ゆづり葉」
  29. 吉川幸次郎・三好達治「新唐詩選」
  30. 中原中也「冬の長門峡」
  31. 村山槐多「京都人の夜景色」
  32. 萩原朔太郎「眺望」
  33. 立原道造「のちのおもひに」
  34. 堀口大学「砂の枕」
  35. ボードレール「パリの憂鬱」
  36. シークスピア「ソネット」
  37. オマル・ハイアーム「ルバイヤート」
  38. 岩波文庫別冊
  39. 梶井基次郎「桜の木の下には」
  40. 伊東光晴「転換期の日本経済」
  41. J.K.ガルブレイス「不確実性の時代」
  42. 角川書店「合本俳句歳時記」
  43. 吉本隆明「情況」
  44. エーリッヒ・フロム「自由からの逃走」
  45. 山本健吉「基本季語五〇〇選」
  46. ヘロドトス「歴史」
  47. 阿部斉・有賀弘・斎藤眞「政治 個人と統合」
  48. 石川達三「金環蝕」
  49. サミュエルソン「経済学 上」
  50. エンゲルス「家族・私有財産・国家の起源」
  51. 竹内宏「日本経済の先を読む」
  52. 河出書房「横光利一読本」
  53. 角川書店「芥川龍之介集」
  54. 同志社編「新島襄書簡集」
  55. 上山春平「大東亜戦争の思想史的意味」
  56. 家永三郎「歴史は教える軍隊の恐ろしさ」
  57. 日高六郎「戦後思想を考える」
  58. ヘーゲル「哲学史序論」
  59. シュヴーグラー「西洋哲学史」
  60. A.ビアス「新編 悪魔の辞典」
  61. カント「純粋実践理性批判」
  62. K.シュミット「現代議会主義の精神的地位」
  63. マルクス「ルイ・ボナパルトのブリュメール18日」
  64. 武田泰淳「人間以外の女」
  65. 丸山真男「超国家主義の論理と心理」
  66. 川島武宜「日本社会の家族的構成」
  67. 内田・香西ほか「現代社会と経済学」
  68. 小泉信三「共産主義批判の常識」
  69. 吉田秀和「LP300選」
  70. マルクス「ヘーゲル法哲学批判序説」
  71. 鈴木幸寿ほか編「社会学用語辞典」
  72. J.デューイ「哲学の改造」
  73. 副島隆彦「欠陥英和辞典の研究」
  74. カフカ「断食芸人」
  75. 野呂栄太郎「日本資本主義発達史」
  76. 平野義太郎「日本資本主義社会の機構」
  77. 山田盛太郎「日本資本主義分析」
  78. 和辻哲郎「風土」
  79. 久野収・鶴見俊輔「現代日本の思想」
  80. 武市健人「非情の原理としての哲学」
  81. 吉田夏彦「マルクス主義」
  82. マルクス「資本論」
  83. 馬原鉄男ほか編「現代日本の社会問題1」
  84. 宮沢俊義「憲法U」
  85. 樺俊雄・阿閉吉雄「社会学概論」
  86. 藤田健治「十九世紀後半の哲学」
  87. 長谷川正安「日本の憲法」
  88. カント「人倫の形而上学」
  89. 梅原猛「学問のすすめ」
  90. ハイデッガー「存在と時間」
  91. 高橋和巳「孤立無援の思想」
  92. ゲーテ「西東詩集」
  93. ヘーゲル「法の哲学」
  94. 三浦つとむ「個人意志・階級意志・国家意志の区別と連関」
  95. 団藤重光「法学入門」
  96. 森鴎外「妄想」
  97. ニーチェ「ツァラトゥストラはこう言った」
  98. 日本風俗史学会編「図説 江戸時代 食生活事典」
  99. アダム・スミス「国富論」
  100. 斎藤末弘「評伝 椎名麟三」