0001-0100ソースの内容/使用した関数など/Excelと直接的な関係のないものはVBAの方に分類/*.frmの全体のソースはここに置く
exc_0001 エクセルで出てくる改行の操作。(1)テキストボックスからセルへコピー時での改行の操作、(2)ワークシート上での改行の操作(セル内改行)、(3)テキストボックス上での改行の操作。
これは純粋のテキストファイルの改行の操作とはカテゴリーが異なる(VBAエリアの領域)。
exc_0002 セルの操作。ActiveCellとOffsetとキーボードマクロ
exc_0003 セルに数式を設定する。
Address,Cells,Range,
exc_0004 セル位置の操作。
exc_0005 ActiveWorkbookとThisWorkbook。その使い分け。(1)同一フォルダにある別ファイルを読み込む場合、(2)*.CSVを*.XLSにする場合。
exc_0006 Excelが標準で書き出すUnicode。
exc_0007 コンボボックスの使い方。(1)一般的な使い方、(2)一括削除、(3)複数列コンボボックスの操作、(4)複数選択コンボボックス。
exc_0008 グローバル変数の使い方のパターン。
exc_0009 リストボックスの使い方。(1)複数列リストボックス、(2)リストボックスの列見出し、(3)複数選択リストボックス。
exc_0010 オプション(ラジオ)ボタンの使い方。
exc_0011 オプションボタンとグループ化。フレーム枠の使用の有無と差異。
exc_0012 トグルボタン(ToggleButton)の使い方。
exc_0013 タブストリップ(TabStrip)とシートデータ。
exc_0014 マルチページ(MultiPage)の使い方。
exc_0015 テキストボックス(TextBox)の使い方。
exc_0016 レフエディタ(RefEdit)の使い方。RefEditによる文字列の置換。RefEditによる行と列の処理。RefEditによるセルデータの移動。
exc_0017 スピンボタン(SpinButton)の使い方。スピンボタンと日付。
exc_0018 オプション設定ダイアログの作り方。文字列の設定、数値の設定、ブール型の設定の3パターン。
シート一覧選択ダイアログの作り方。
exc_0019 複数行テキストボックスの使い方。そのテキストの読み書きの方法。
テキストボックス内のデータを、(1)Shift_JISで読み書きする、(2)Unicodeで読み書きする、場合の比較と差異。
exc_0020 リストボックス内のデータの検索。完全一致で調べていく場合と部分一致で調べていく場合である。
exc_0021 共有マクロによるシートのバックアップ。
exc_0022 FileSearchによるファイル検索。複数形のオブジェクトFoundFilesの使い方。(1)複数ファイルの指定(FoundFilesオブジェクト変数を使わない場合と使う場合の両方)、(2)検索ファイルをシートに表示、(3)ファイル名の書き方。
exc_0023 ファイル検索とハイパーリンク。FileSearchによるファイル検索の結果をシート内にハイパーリンクして表示させる。
exc_0024 シートの操作とシート操作ダイアログの作り方。(1)指定シートの有無、(2)指定シートの削除、(3)全シートの削除、(4)各種のシート操作ダイアログの例。
exc_0025 レジストリの読み書き。各種の設定をレジストリへ保存し、読み出す方法。(1)文字列の場合、(2)数値の場合、(3)Boolean型の場合、(4)オプション設定ダイアログの例。
exc_0026 バイナリファイルによるオプションの設定と読み込み。
exc_0027 シート内のデータの検索。
exc_0028 ブラウザコントロールの使い方。エクセルでホームページを見る。付録にCreateObjectを使う場合の例を追加。
exc_0029 Basicでの色指定。
exc_0030 ADOによるAccessのデータの抽出。(1)全レコードから特定のフィールドのデータのクエリ、(2)全レコードの全データを取得、(3)全レコードの特定のフィールドのデータだけを取得。
exc_0031 複数ブックの起動とメニュー/ツールバーの操作。
exc_0032 セル範囲と2次元配列とCSVファイル。
CSVファイル作成の3パターン、(1)全フィールドデータを「""」で囲む、(2)データのうち文字列だけ「""」で囲み、数値はそのまま、(3)全フィールドデータを「""」で囲まない。
Write,Print,Range,Cells,FreeFile,UBound,Open,Close,
exc_0033 16進数の合計。HexSum関数。
exc_0034 パーソナルマクロ(Personal.xls)。
exc_0035 チェックリストボックスの使い方。
exc_0036 文字コード検索ツール(文字コード.xlsm)。
exc_0037 ブック内にある全シートを一挙にCSVファイル化する。
exc_0038 セル範囲とRangeオブジェクト。
exc_0039 半角/全角/漢数字の相互変換。
exc_0040 キーボードマクロの設定と解除。
exc_0041 テキストファイルウイザード(Windows XP)。
exc_0042 テキストファイルウイザード(Windows 8.1)。
exc_0043 ExcelとCSVファイルの文字コード(Windows XP)。
exc_0044 ExcelとCSVファイルの文字コード(Windows 8.1)。
exc_0045 TextToColumnsとOpenTextのFieldInfoの設定。
exc_0046 Cancel As Booleanの扱い方。
exc_0047 アドインメニューの追加と項目の淡色化。がんばれ篠崎愛.xlsm。
exc_0048 ハイパーリンクの設定。Html Help(*.chm)の呼び出し。
exc_0049 起動時の設定と終了時の後始末。
exc_0050 グローバル定数とファイル名。画面の更新表示の停止。エクセルからワードの起動。
exc_0051 裏技邪道に近いUTF-8の簡易デコード。インド人もびっくり(笑)。
exc_0052 日付と時間の操作。
exc_0053 セルデータの取得。
exc_0054 IsDate関数の使い方。
exc_0055 シート上に置いたボタンの操作。
exc_0056 シートデータのCSVファイル化。CSVMakerFlat.frm@FileConvert.xlsm。
exc_0057 セル範囲の取得。
exc_0058 トグルボタンのChangeイベントの動作。
exc_0059 BinaryEditor.frm(BinaryEditor.xlsm)のソース。バイナリエディター(読み書き編集)。FilePath.basが必要。
exc_0060 BinaryWriter.frm(BinaryEditor.xlsm)のソース。バイナリライター(作成)。
exc_0061 BinaryDump.frm(BinaryEditor.xlsm)のソース。バイナリダンプ(シートに表示するパターン)。Dumphelper.basが必要。
exc_0062 BinaryFinder.frm(BinaryEditor.xlsm)のソース。バイナリデータ検索。FilePath.basが必要。
exc_0063 FileCheck.frm(BinaryEditor.xlsm)のソース。ファイルの種類の判定。FilePath.basが必要。
exc_0064 BinaryText.frm(ByteTools.xlsm)のソース。バイナリかテキストかの判定。FilePath.basが必要。
exc_0065 ByteEditor.frm(ByteTools.xlsm)のソース。ブロックバイトエディタである。FilePath.basが必要。
exc_0066 Crypto.frm(ByteTools.xlsm)のソース。ファイルの暗号化と復元。FilePath.basが必要。
exc_0067 FileDump.frm(ByteTools.xlsm)のソース。ファイル100バイトのダイアログ内での16進ダンプ。FilePath.basが必要。
exc_0068 MojiType.frm(ByteTools.xlsm)のソース。文字種の判定。
exc_0069 QuotDelete.frm(ByteTools.xlsm)のソース。CSVファイルの""を削除し、同時に""内のカンマと改行も削除する。FilePath.basが必要。
exc_0070 SetCellText.frm(ByteTools.xlsm)のソース。セル内に指定した改行付きのテキストを挿入する。FilePath.basが必要。
exc_0071 RandomData.frm(File.xlsm)のソース。ランダムファイルの使い方の例である。
exc_0072 CodeConvert.frm(FileConvert.xlsm)のソース。ファイル単位での文字コードの変換である。
FilePath.bas,FuncUTF8.bas,ConvSJIS.bas,ConvUTF16.bas,ConvUTF8.bas,ConvNewline.basが必要。
exc_0073 CSVMaker.frm(FileConvert.xlsm)のソース。文字コード、改行コード、シートの範囲を指定してCSVファイルにする。
GetRange.frm,FuncUTF8.basが必要。
exc_0074 CSVMakerFlat.frm(FileConvert.xlsm)のソース。文字コード、改行コードを指定してシート全体をCSVファイルにする。
FuncUTF8.basが必要。
exc_0075 GetRange.frm(FileConvert.xlsm)のソース。セル範囲を指定する。呼び出し方に注意が必要である。
exc_0076 TextEditor.frm(FileConvert.xlsm)のソース。UTF-8,UTF-16(LE/BE),Shift_JISの読み書き用簡易テキストエディタ。
FilePath.bas,ConvSJIS.bas,ConvUTF16.bas,ConvUTF8.bas,FuncUTF8.basが必要。
exc_0077 FileFolder.frm(FileSystemObject.xlsm)のソース。フォルダ名の取得。FilePath.basとApiFolder.basが必要。
exc_0078 FilePathOperation.frm(FileSystemObject.xlsm)のソース。パスの操作。FilePath.bas,ApiFolder.basが必要。
exc_0079 ByteLineConvert.frm(FileTools.xlsm)のソース。行単位的にバイト処理をする文字コード変換。
FilePath.bas,ByteCheck.bas,CodeSJIS.bas,CodeUTF16.bas,CodeUTF8.bas,HelperUTF8.basが必要。
exc_0080 ByteLineReadWrite.frm(FileTools.xlsm)のソース。文字コード変換の基本フォームである。
exc_0081 HanToZen.frm(FileTools.xlsm)のソース。下記5パターンの半角文字の全角への変換である。
(1)半角カタカナだけ、(2)半角数字だけ、(3)半角アルファベットだけ、(4)半角数字とアルファベット、(5)半角文字すべて。
exc_0082 LogDecoder.frm(FileTools.xlsm)のソース。UTF-8のログファイルの逆引きである。
exc_0083 Workbook_Open,Workbook_BeforeClose,Workbook_BeforeSaveの関係と発生タイミングの問題点の検討。
exc_0084 OpenTextの使い方。(1)単純にCSVファイルを読み込む、(2)文字列と数値を区別して読み込む、(3)TextToColumnsとセルデータの分離。
exc_0085 テキストボックスから日付を検索する。(1)値として検索する場合と、(2)数式として検索する場合。
exc_0086 シート上の指定した番号の行の削除。
exc_0087 CSVファイルと文字コード。拡張子起動とコードページとの関係。
exc_0088 ActiveSheet.SaveAsとWorkbooks.Open。双方向に読み書きできるテキストは何か。コードページとの関係。
exc_0089 DirFileFinder.frm(FileSystemObject.xlsm)のソース。指定フォルダ内の全ファイル検索。Tools.xlsm版(exc_0093)もあり。
exc_0090 RenameZenHan.frm(FileSystemObject.xlsm)のソース。ファイル名の全角半角の変換。
exc_0091 RenbanFiles.frm(Tools.xlsm)のソース。連番ファイルの大量一括作成。
exc_0092 RenameFiles.frm(Tools.xlsm)のソース。フォルダ内の全ファイルについてファイル名の一部を一括して変更する。
exc_0093 DirFileFinder.frm(Tools.xlsm)のソース。指定フォルダ内の全ファイル検索読み込みと日報作成のツール。
exc_0094 項目の修正、追加、削除ができるコンボボックス。
起動時に設定ファイルをコンボボックスに読み込み、終了時に状態をファイルに保存する。次回起動時には前回終了時の状態で起動する。
exc_0095 FsoTextBox.frm(TextStream.xlsm)のソース。FileSystemObjectとテキストボックスの使い方。
テキストボックスでの文字コードと改行コードの変換。
exc_0096 FsoConvert.frm(TextStream.xlsm)のソース。FileSystemObjectと文字コード、改行コードの変換。
いずれもFile To Fileの変換である。
exc_0097 コントロールとデータの読み書き。(1)単純な1行データの場合、(2)CSVデータの場合。
exc_0098 キーボードマクロでCSV/TSVファイルの読み込み。CommonEx.basに組み込み。
exc_0099 RangeとActiveCell。Stringとバイト配列。
exc_0100 複数行テキストボックスとLine Input #の使い方。