0101-0200ソースの内容/使用した関数など/Excelを表示枠としてしか使っていないものはここに分類
vba_0101 RevKanjiUTF8@HelperUTF8.bas。これはKanjiUTF8と逆の動作をする。
vba_0102 Loc関数の問題点。
vba_0103 ByRefの疑似参照渡し。
vba_0104 UTF-16LEのファイルを作る。
vba_0105 バイトブロックの1回取得。これがブロック単位でバイト操作する場合の基本になる。
vba_0106 バイトブロックの複数回取得。ブロック単位で複数回連続してバイト操作する場合である。
vba_0107 Newの使い方。ClsUsageKeisen.bas@Exc2.xlsmでの具体例。
vba_0108 StrConv関数の引数と戻値のバリエーション。
vba_0109 複数行TextBoxからクリップボードへコピーする。
vba_0110 新旧対照/文字列のバイト構成表示。(1)B系関数を使う場合、(2)バイト配列を使う場合。
vba_0111 バイトブロックの操作。
vba_0112 JavaScriptからFileSystemObjectを使う。
vba_0113 最大公約数と最小公倍数。WorksheetFunctionの場合と自作の場合の比較。
vba_0114 FileLenの使い方。
vba_0115 割り算(/ \ Mod)。
vba_0116 左シフトと右シフト/BitlshiftとBitrshift。
vba_0117 ビット操作の落とし穴と検討。
vba_0118 ビット操作の例。
vba_0119 SjisUrlEncode.bas。
vba_0120 Utf8UrlEncode.bas。
vba_0121 他のプログラムやファイルの呼び出し。
vba_0122 Dim宣言と初期値。データの複数設定。
vba_0123
vba_0124
vba_0125
vba_0126
vba_0127
vba_0128
vba_0129
vba_0130
vba_0131
vba_0132
vba_0133
vba_0134
vba_0135
vba_0136
vba_0137
vba_0138
vba_0139
vba_0140
vba_0141
vba_0142
vba_0143
vba_0144
vba_0145
vba_0146
vba_0147
vba_0148
vba_0149
vba_0150
vba_0151
vba_0152
vba_0153
vba_0154
vba_0155
vba_0156
vba_0157
vba_0158
vba_0159
vba_0160
vba_0161
vba_0162
vba_0163
vba_0164
vba_0165
vba_0166
vba_0167
vba_0168
vba_0169
vba_0170
vba_0171
vba_0172
vba_0173
vba_0174
vba_0175
vba_0176
vba_0177
vba_0178
vba_0179
vba_0180
vba_0181
vba_0182
vba_0183
vba_0184
vba_0185
vba_0186
vba_0187
vba_0188
vba_0189
vba_0190
vba_0191
vba_0192
vba_0193
vba_0194
vba_0195
vba_0196
vba_0197
vba_0198
vba_0199
vba_0200