0001-0100ソースの内容/使用した関数や構造体など
win_0001 ダイアログのアイコン。
win_0002 はがきダイアログ。
win_0003 円形ダイアログ。
win_0004 ダイアログでメッセージ。
win_0005 ダイアログの表示位置。
win_0006 アイコンのサイズと位置。
win_0007 ウィザード型ダイアログ。
win_0008 モードレスダイアログ。
win_0009 ダイアログとDDX。
win_0010 ダイアログと256色画像。
win_0011 アイコンの切り替え。
win_0012 ビットマップの切り替え。
win_0013 ダイアログの色。
win_0014 透過ビットマップ。
win_0015 ダイアログから呼び出し元にメッセージを送る。
win_0016 他のダイアログ関数の実行。
win_0017 ダイアログと印刷。
CPrintDialog,CDC,SelectObject,GetPrinterDC,DeleteDC,TextOut,StartDoc,EndDoc,
StartPage,EndPage,SetMapMode,CreateFont,GetTextMetrics,Attach,
win_0018 自動消去ダイアログ。これはモードレスダイアログ。エディタなどで指定時間がきたら注意喚起のために起動させるタイマーとして使うことができる。
GetSafeOwner,IsWindowEnabled,EnableWindow,PeekMessage
win_0019 伸縮するダイアログ。縦に伸縮する場合と横に伸縮する場合。メインの関数はExpandDialog(UINT,BOOL)である。
SetWindowPos,EnableVisibleChildren,GetDlgItem,GetWindowRect,GetWindow,EnableWindow,IntersectRect
win_0020 カラーダイアログとCOLORREF。
win_0021 複数選択されたファイル名の取得。
CStringの単一の文字列として取得する場合とCStringArrayの配列として取得する場合。
win_0022 フォルダ(ディレクトリ)選択ダイアログ 。
win_0023 ファイルダイアログとファイル名の取得。
MFCを使う方法とWindowsAPIを使う方法があり、フィルタの書き方も違いがある。
win_0024 フォントダイアログ。
win_0025 プリントダイアログとページセットアップダイアログ。
win_0026 ファイル選択ダイアログ。MFC方式とAPI方式の差異。
win_0027 ファイル保存とファイルフィルタ。
win_0028 lpstrFileTitleとlpstrFileの使い方。
win_0029 CFileDialogのカスタマイズ。基本機能はそのままで独自のものに作り変えることができる。
win_0030 プロパティシートのダイアログアプリケーション。
win_0031 プロパティーシートのタブにイメージを置く。
win_0032 プロパティーシートのタブ名の動的変更。
win_0033 モードレスプロパティシートの作成。
win_0034 モードレスプロパティシートのデータ授受。
win_0035 プロパティシートのOKと適用。
win_0036 プロパティシートとDDXによるデータの授受。
win_0037 プロパティシートの作成と操作。
win_0038 プロパティシートとバージョン情報。
win_0039 プロパティシートとシステムメニュー。
win_0040 CDHtmlDialogの扱い方。
CDHtmlDialogの特殊性とデフォルトで生成されるファイル。
win_0041 CDialogとCDHtmlDialog。
win_0042 CComPtrとCComBSTRの使い方。
CDHtmlDialog,CComPtrクラス,CComBSTRクラス,COleVariantクラス,VARIANT型,
win_0043 CDHtmlDialogとDDX。
win_0044 CDHtmlDialogのイベント処理。
win_0045 CDHtmlDialogとHTML。
win_0046 CDHtmlDialogとclass単位でのイベントの処理。
win_0047 CDHtmlDialogとIHTMLElementとIHTMLStyle。
win_0048 CDHtmlDialogとActiveXとDDX。
win_0049 CDHtmlDialogの問題点とその対処法。プログラムの汎用化/画像をリソースとして取り込む。
win_0050 CDHtmlDialogでのスタイルの変更。GetElement関数とGetElementText関数の使い方。
win_0051 コントロールの背景色と文字色。
win_0052 コントロールのサブクラス化。
win_0053 古典的コントロールの色付け。
win_0054 OnCtlColor関数の使い方。
win_0055 コントロールのフォントの変更。
win_0056 コモンコントロールの背景色。
リストコントロール(CListCtrl)とツリーコントロール(CTreeCtrl)の背景色の設定。
win_0057 ダイアログの背景色。
win_0058 リストボックスの使い方。
win_0059 リストボックスとウインドウタイトル。
win_0060 リストボックスとタスクリスト。
win_0061 横に伸びるリストボックス。
win_0062 SetItemDataとGetItemData。
win_0063 チェックリストボックス(CCheckListBox)の作成と操作。
win_0064 複数選択リストボックスの操作。newとdelete。
win_0065 複数選択リストボックスとCArrayクラス。
win_0066 リストボックスから複数項目の一括削除。
win_0067 リストボックスへのドラッグ&ドロップ。
win_0068 リストボックスのデータの処理。リストボックスとCStringArray。
StringArrayからリストボックスへのデータの転送。リストボックスからStringArrayへのデータの転送。
win_0069 オーナー描画リストボックス。
win_0070 リストボックス間のアイテム(データ)の移動。
win_0071 リストボックスのアイテムの書き換え。
win_0072 ドラッグリストボックスの使い方。
win_0073 複数列リストボックスの作成と操作。チェックリストボックスとの関係。
win_0074 変形複数列リストボックス。外観は通常のリストボックスだが実際は複数列である。付随データを隠すことができる。
win_0075 ダイアログ単位。CListBoxでのダイアログ単位とビクセルの関係。ダイアログ単位とリストボックスのSetTabStops関数の使い方
win_0076 リストボックスの文字列の最長ピクセル。
win_0077 リストボックスの動作の総括。
win_0078 複数選択リストボックス。CArrayのGetData関数の使い方とその応用例。GetSelItems関数の使い方。
win_0079 リストボックスとウインドウリストとタスクリスト。
win_0080 エディットコントロールとCFileクラス。
win_0081 エディットコントロールとCArchiveクラス。
win_0082 EN_CHANGEとEN_UPDATE。
win_0083 エディットコントロールとCStdioFile。
win_0084 エディットコントロールとCFontクラス。
win_0085 タブをスペースに変換する。
win_0086 EN_CHANGE通知メッセージの処理。
win_0087 コンボボックスの検索。
win_0088 拡張コンボボックス。
win_0089 コンボボックスのデータの保存。
win_0090 コンボボックスへの追加。
win_0091 オーナー描画コンボボックス。
win_0092 CObListとCComboBox/SetItemDataとGetItemData。
win_0093 コンボボックス(CComboBox)でCObListクラスを使う。SetItemDataPtr/GetItemDataPtrの使い方とその問題点。
win_0094 コンボボックスの動作。
win_0095 チェックボックスの設定と保存。
win_0096 ラジオボタンの使い方。
win_0097 DDX_Radio関数とDDX_Text関数。
win_0098 平面ボタンのスタイル。
win_0099 ビットマップボタンの作り方。
win_0100 オーナー描画ボタンの作り方。