0101-0200ソースの内容/使用した関数や構造体など
win_0101 リストコントロールのレポートビュー。
win_0102 リストコントロールの使用例。モードレスプロパティシート(CPropertySheet)上にリストコントロール(CListCtrl)を置いたときのデータの授受のサンプルである。
win_0103 リストコントロールのデータの読み込みと保存。
win_0104 リストコントロール(CListCtrl)のレポート形式でのデータ設定を省力化するための関数の作成。
SetImageSmall,SetHeader,SetReportData,SetItem。
win_0105 リストコントロール(CListCtrl)の動作一般と操作。
win_0106 リストコントロール(CListCtrl)のアイテムのラベルの埋め込み先での編集。
NMHDR,NMLVDISPINFO,GetEditControl,GetWindowText,GetItemText,SetItemText,GetItemCount,
win_0107 リストコントロール(CListCtrl)のアイテムの編集。ラベルだけでなくサブアイテムも編集する。
win_0108 リストコントロール(CListCtrl)のデータのシリアライズ。ファイルへの書き出しとファイルからの読み込み。
CStringArray,
win_0109 リストコントロール(CListCtrl)のデータのソート。
LPARAM,ResetIndexParam,NMHDR,LPNMLISTVIEW,SortItems,GetItemText,strcmp,
win_0110 リストコントロール(CListCtrl)の複数選択したアイテムのデータの取得。
win_0111 仮想リストコントロール。
win_0112 スピンボタンコントロールの使い方。
win_0113 スピンボタンコントロールと小数。
win_0114 スピンボタンコントロールと負の数。
win_0115 CSpinButtonCtrlのSetAccel関数の動作と使い方。
win_0116 月間予定表コントロール(いわゆるカレンダー)の使い方。
win_0117 月間予定表コントロールの日付範囲の選択(いわゆる複数選択)。
win_0118 カレンダーの特定日を太字で表示する。
win_0119 CMonthCalCtrlのSetDayState関数の第2引数 。
win_0120 CMonthCalCtrlのMONTHDAYSTATEとビット操作。
win_0121 月間予定表コントロール小技集。
NMDAYSTATE構造体、MONTHDAYSTATE配列の設定、MCN_GETDAYSTATEの処理の問題点、NMSELCHANGE構造体、カレンダーのスタイル。
win_0122 タブコントロールの操作。
CTabCtrl,GetCurSel,TC_ITEM,SetCurSel,InsertItem,SetDlgItemText
win_0123 ボタン型タブコントロール。
win_0124 タブコントロールの問題点と対策。最後に変更したタブページのデータが保存されないことへの対策である。
win_0125 タブコントロール小技集。
CTabCtrlのオーナー描画、タブコントロールの外観のバグなど。
win_0126 ツリーコントロール(CTreeCtrl)の使い方。
win_0127 ディレクトリツリーの作成。
win_0128 CTreeCtrlの基本的な動作と操作方法。
win_0129 ツリーコントロールのデータの保存と読み込み。
win_0130 CTreeCtrlとチェックリストボックス。
win_0131 CTreeCtrlの同位アイテムの取得。GetNextSiblingItemを使用する場合、GetNextItemを使用する場合、GetItemを使用する場合。
win_0132 GetItem関数とGetItemState関数。CTreeCtrlの太字とノーマル文字の切り換え。
win_0133 ツリーコントロール(CTreeCtrl)のラベルの埋め込み先での編集。
NMHDR,LPNMTVDISPINFO,GetEditControl,GetWindowText,SetItemText,SetWindowText,EditLabel,
win_0134 ツリーコントロール(CTreeCtrl)のアイテムの列挙表示。選択したノード内だけのアイテムの場合と全アイテムの場合。
win_0135 ツリーコントロール(CTreeCtrl)のアイテムのフルパスでの表示。ルートアイテムからの経路を表示する。
win_0136 ツリーコントロール(CTreeCtrl)の選択位置にアイテムを挿入する。同位、下位(デフォルト)、新規ルートを選択して挿入。
win_0137 ツリーコントロール(CTreeCtrl)のデータの読み書き。CDataクラスを使う場合。
win_0138 ツリーコントロール(CTreeCtrl)のデータの読み書き。CStringArrayクラスを使う場合。
win_0139 ツリーコントロール(CTreeCtrl)で子アイテムの操作。ノードとデータ。
win_0140 ツリーコントロール(CTreeCtrl)と再帰関数の使用上の注意点。CDataクラスを使う場合に不可避なnewとdeleteの問題。
win_0141 ツリーコントロールワンポイントチップス集。チェックボックススタイル。ハンドル。アイテムの取得と設定。
win_0142 スライダーコントロールの使い方。
win_0143 IPアドレスコントロールの使い方。
win_0144 アニメーションファイルの再生。
win_0145 日時指定コントロールの使い方。
win_0146 ホットキーコントロールの使い方。
win_0147 プログレスバーコントロールの使い方。
win_0148 プログレスバーとモードレスダイアログ。
win_0149 ヘッダーコントロール(CHeaderCtrl)の使い方と通知メッセージ(WM_NOTIFY)の処理。OnNotify関数の具体的適用例である。
win_0150 ヘッダーコントロール(CHeaderCtrl)とリストコントロール(CListCtrl)のヘッダーの差異と使い分け。
win_0151 フローティングポップアップメニューの作り方。
win_0152 メニューの操作とCCmdUI。
win_0153 メニューバーの再描画。
win_0154 子ウインドウの最大化状態の取得。
win_0155 MDIプログラムでのメニューの追加。
win_0156 AppendMenu関数の使い方と問題点。
win_0157 TrackPopupMenu関数の使い方。
win_0158 DeleteMenu関数とRemoveMenu関数。
win_0159 ON_COMMAND_RANGE/ON_UPDATE_COMMAND_UI_RANGE。
win_0160 メニューアイテムにビットマップを付ける。
win_0161 ダイアログバーの作成と操作。
win_0162 リバーとフローティングツールバー。
win_0163 ツールバーの操作方法。ツールバーをCMainFrameクラス以外から操作する3種類の方法の例である。
win_0164 ドロップダウンボタンとTB_COMMANDTOINDEX。
win_0165 MFC標準以外のツールバーの作成。
win_0166 矢印付きツールボタン。TBSTYLE_EX_DRAWDDARROWSとBTNS_DROPDOWNとTBSTYLE_DROPDOWNの差異。
win_0167 CToolBarとCToolBarCtrl。
win_0168 SetIndicators関数。
win_0169 ステータスバーの使い方。
win_0170 ツールバーとスータスバーの操作方法の差異。
win_0171 ツールバーのスタイルと独自ツールバー。
win_0172 ビュークラスからダイアログバーの操作。
win_0173 ダイアログバーの通知メッセージの処理。
win_0174 SetButtonInfo関数の使い方。
win_0175 ステータスバー操作の関数化。
win_0176 3種類のステータスバーへの表示方法の検討。
win_0177 Serialize関数。
win_0178 GetDocument関数。
win_0179 新規クラスの追加とドキュメントビュー。
win_0180 ウインドウスタイルの追加と削除。
win_0181 複数のドキュメントタイプを扱う。
win_0182 SDIプログラムとOnNewDocument関数。
win_0183 ファイルの更新情報の表示。
win_0184 OnActivateView関数の使い方。
win_0185 OnPaint関数とOnDraw関数。
win_0186 ドキュメント・ビューのOnDrawとOnPaint。
win_0187 すべてのファイルの保存終了。
win_0188 MDIでのウインドウの生成と消滅。
win_0189 OnFileNewとOnFileOpenのオーバーライドの例。
win_0190 OnFileSaveAsとOnFileSaveのオーバーライドの例。
win_0191 ドキュメントの処理。OnFileSave関数でのファイルの上書き保存の場合にエラー処理を組み込む。
win_0192 コマンドラインの処理とCCommandLineInfo。DDEへの応答/拡張子起動、コマンドラインの処理と拡張子起動、SDIプログラムの場合について。
win_0193 起動時ファイルの自動読み込み。MDIプログラムの場合はApplicationクラス。SDIプログラムの場合はApplicationクラスとDocumentクラスがある。
win_0194 SDIプログラムのOnFileNew関数の動作。InitInstanceとOnFileNewの関係、OnFileNewをオーバーライドしない場合、OnFileNewをオーバーライドする場合。
win_0195 SDIとCDocumentクラス。SDIとMDIとではCDocumentクラスの関数の動作に顕著な違いがある。
win_0196 更新領域とWM_PAINTメッセージ。
win_0197 ファイルの種類の判定。
win_0198 InitInstance関数とExitInstance関数。
win_0199 MDIプログラムで起動時に子ウインドウを表示させない。
win_0200 MDIプログラムでメインウインドウの背景に画像を置く。クラスの新規追加のサンプルでもある。
SubclassWindow,WM_ERASEBKGND,GetObject,CreateCompatibleDC,PatBlt,BitBlt,StretchBlt,SelectObject,RedrawWindow,