0201-0300ソースの内容/使用した関数や構造体など
win_0201 SDI/MDIのビューの背景色の変更。
win_0202 ドキュメントの処理。OnFileSave関数の問題点の検討。
win_0203 SDIでのOnFileNew関数の問題点。起動時に読み込みファイルが指定されている場合、その指定されたパス(ディレクトリ)が存在しない場合の処理である。
win_0204 MTI(Multiple Top Level Windows Interface)プログラムの作成。
win_0205 MDIプログラムにCHtmlViewを追加する。
win_0206 CHtmlViewとHTMLリソース。
win_0207 CHtmlViewの基本的な操作方法。
win_0208 CHtmlViewとブックマークの作成、登録、削除、表示の方法。
win_0209 ブックマークをメニューに動的に追加する。
win_0210 アドレスバーの操作。
win_0211 ウインドウのクラス名の変更。
win_0212 親フレームウインドウのポインタの取得。
win_0213 ファイルの例外処理。
win_0214 ソースファイルの分割。
win_0215 子ウインドウの最大化。
win_0216 キャプションとウインドウの移動
win_0217 ウインドウの位置とサイズの保存。
win_0218 MDIでのウインドウの数。
win_0219 アクティブビューへのポインタの取得方法。
win_0220 ウインドウへのポインタの取得方法。
win_0221 子ウインドウの検索。
FindWindowEx,GetWindow,SetWindow,GetWindowText,SendMessage,
win_0222 マッピングモードとMM_TEXT/MM_TWIPS。
win_0223 小さい親ウインドウと大きい子ウインドウ。
win_0224 起動時にウインドウの位置とサイズを指定する。
win_0225 画面をビットマップで埋める。ドキュメント・ビューのアーキテクチュアでのビューのウインドウに表示する場合と、ダイアログの背景に埋め込む場合とがある。
win_0226 CPenクラスの使い方。ドキュメント・ビューのアーキテクチュアでのビューのウインドウで使う場合と、ダイアログの画面で使う場合とがある。
win_0227 CPaintDCとCClientDCの差異。
win_0228 CPaintDCの使い方。
win_0229 CClientDCの使い方。
win_0230 InvalidateRectで消える範囲。InvalidateRectで消えるものと消えないものの差異。
win_0231 ビットマップファイルの構造。
BITMAPFILEHEADER構造体、BITMAPINFO構造体、BITMAPINFOHEADER構造体。
win_0232 StretchDIBits関数とSetDIBitsToDevice関数。
win_0233 外部のビットマップファイルの表示。ビットマップビュアーの作成。
win_0234 ストックオブジェクト(SelectStockObject)の使い方。
win_0235 ストックオブジェクトの一覧表示。
win_0236 ブラシの使い方。
win_0237 Windowsでのグラフィック。
win_0238 PatBlt/BitBlt/StretchBltの使い方。
win_0239 デフォルトフォント。
win_0240 グラフの描画/ダイアログとCPaintDC。
win_0241 強制マッピングモードとグラフ。
win_0242 部分強制/非強制マッピングモード。SetViewportOrgとSetWindowOrg。
win_0243 CDCクラスによる描画/FromHandleとAttach。
win_0244 Windowsでの描画。
win_0245 円グラフとMM_ISOTROPIC。SetWindowExtとSetViewportExt。
win_0246 3D円グラフとMM_ANISOTROPIC。SetWindowExtとSetViewportExt。
win_0247 マッピングモード/原点の変更と拡大縮小。SetWindowOrgとSetViewportOrg。
win_0248 メタファイルの操作。WindowsAPIとCMeteFileDCでのメタファイルの操作、CMeteFileDCでの拡張メタファイルの操作。
win_0249 HtmlHelpの使い方。
win_0250 HtmlHelpの呼び出し方とファイルの指定。
win_0251 HtmlHelpでの[F1]キーヘルプ。
win_0252 HtmlHelpファイル単位での状況依存のヘルプ。
win_0253 HtmlHelp関数の一般的な使い方。
win_0254 HtmlHelp関数の高度な使い方。
win_0255 WinHelp起動のための[F1]キーのトラップ。
win_0256 WinHelpの制限事項。
win_0257 HtmlHelpの*.chmの作成。
win_0258 連結ヘルプの作成。
win_0259 HtmlHelpの*.chmの作成の注意点。
win_0260 連結ヘルプ作成の注意点。
win_0261 HHCTRL.OCXの使い方。
win_0262 ヘルプテキストのコピー&ペースト。
win_0263 C/Win32APIでWin32DLLの作り方。
win_0264 MFC/C++でWin32DLLの作り方。
win_0265 DLLの呼び出し方/明示的ダイナミックリンク。ポインタ型とオブジェクト型。
win_0266 DLLの作成とVBAからの呼び出し方。
win_0267 Unlha32.dllで圧縮ファイル(lzh)を作る。
win_0268 Unlha32.dllで自己解凍型ファイルを作る。
win_0269 IME操作のための設定。
win_0270 ImmGetContext関数とImmCreateContext関数。
win_0271 IME操作関数の実行。
win_0272 IMEの辞書に単語を自動登録する。
win_0273 特定のコントロールでIMEを使う。
win_0274 ユーザー定義メッセージの使い方。
win_0275 タスクバープログラムの作成。
win_0276 アイコンの追加と削除/コールバックメッセージの処理。
win_0277 タスクバーアイコンの操作。
win_0278 タスクバープログラムのソース。
win_0279 マルチプロセスとマルチスレッド。
win_0280 WaitForSingleObjectとスレッドの終了。
win_0281 ワーカースレッドの開始と終了。
win_0282 CEventと同期オブジェクト。
win_0283 CSyncObjectクラスの使い方。
CEvent,CMutex,CCriticalSection,CSemaphore,WaitForSingleObject,
win_0284 MFCのセマフォオブジェクトの使い方。通常の使い方と特殊な場合の使い方。
win_0285 ActiveXコントロールの作り方。
win_0286 ActiveXコントロールのIDLファイル。
win_0287 ActiveXコントロールの呼び出し例。
win_0288 ActiveXコントロールコンテナの作成。
win_0289 ActiveXコントロールのプロパティ。
win_0290 プロパティーシートの呼び出し。
win_0291 Enabledプロパティとm_bEnabled。
win_0292 コンテナからActiveXのカスタムメソッドの実行。
win_0293 InvokeHelper関数の使い方。
win_0294 IDispatchラッパークラス。
win_0295 オートメーションのサーバーとクライアント。
win_0296 IDispatch::InvokeとIUnknown::QueryInterfaceの使い方。
IDispatch::Invoke、IUnknown::QueryInterface、IUnknown::Release、IUnknown::AddRef。
win_0297 IDispatchラッパークラスとTypelib。
win_0298 DISP_PROPERTY_PARAMの使い方。
win_0299 Serialize関数の使い方。
win_0300 OnFileNew関数のオーバーライド。