0401-0500ソースの内容/使用した関数や構造体など
win_0401 CData/CObArray/CTypedPtrArrayクラスの使い方。
win_0402 CData/CMapStringToObクラスの使い方。
win_0403 CTypedPtrListの使い方。
win_0404 コレクションクラスとテンプレートの使い方。
win_0405 テンプレートとCArrayクラスへの応用。
win_0406 テンプレートベースのクラスの使い方。
win_0407 CDataクラスの使い方。CObArrayと組み合わせてリストコントロールのデータのシリアライズに使うサンプル。
win_0408 CDataとCObject派生クラスの作成とシリアライズ。
単なる派生クラスの作成、シリアライズ可能な派生クラスの作成、クラス作成の悪い例。
win_0409 CDataクラスのMFCを使ったWindowsプログラムへの組み込み方。
win_0410 クラスの再定義エラー。
win_0411 クラスの承継と追加。
CAsyncSocket
win_0412 CFormViewのサイズ合わせ。
win_0413 ツールヒント、ツールチップの設定。
win_0414 CImageListクラスの使い方。
win_0415 イメージリストの入れ替え。
win_0416 TRY/CATCHとファイルの例外処理。
win_0417 bool型とBOOL型の使い分け。
win_0418 スクリーン座標とクライアント座標。
win_0419 グローバル変数。
win_0420 再帰関数とグローバル変数。
win_0421 プレースホルダーの使い方。
win_0422 フォルダ選択ダイアログとコールバック関数。
BROWSEINFO構造体
win_0423 タスクリストとコールバック関数。
EnumWindows,EnumWindowsProc,
win_0424 CListクラスのAddHead関数とAddTail関数。
win_0425 CObListクラスのGetNextとGetPrevの使い方と問題点。戻り値を使う(DataDisp型)場合と使わない(PosDisp型)場合。
win_0426 CObListクラスのオブジェクトの削除とRemoveHead関数。
win_0427 DlgDirList/DlgDirSelect関数の使い方。
win_0428 GetKeyState関数。
win_0429 WaitForSingleObject関数の使い方。TerminateProcess関数との比較。
win_0430 OnKeyDown関数の使い方。方向キーの処理。
win_0431 EM_FINDWORDBREAKメッセージの処理。
win_0432 CHARRANGE構造体。
win_0433 TerminateProcess関数。
win_0434 SortItems関数の使い方。
win_0435 OnSysCommand関数の使い方。
win_0436 SendMessage関数の使い方。PostMessageとの差異。WindowsAPIの場合。MFCの場合。
win_0437 CreateProcess関数の使い方。
win_0438 AfxMessageBox関数。
win_0439 WM_NOTIFTメッセージとOnNotify関数。
win_0440 GetProfileBinary/WriteProfileBinaryの使い方と問題点。
win_0441 FindWordBreak関数の使い方。
win_0442 キャレットの形の変更。
win_0443 Windowsのバージョンの取得方法。
win_0444 [F1]キーの取得。
win_0445 タイマーの設定と解除。
win_0446 ウェーブファイルの再生。
win_0447 文字列を返すDLL内の関数。
win_0448 文字列の書式化。
win_0449 バイナリレジストリの取得と設定。
win_0450 ジャンプコンテキスト。
win_0451 日付と時間を取得する方法。
GetSystemTime,GetCurrentTime,GetLocalTime
win_0452 WinInetの使い方。
CInternetSession,GetHttpConnection,OpenRequest,AddRequestHeaders,SendRequest,
win_0453 IPアドレスからホスト名の逆引き。
win_0454 コンピュータ名の取得。
win_0455 メンバー変数の初期化。
win_0456 MAKEINTRESOURCEとLPCTSTRの甘い関係。kabu.exe,Vaio5.exe,その他の場合を実例として検討。
win_0457 ファイルの拡張子の一括変更。リストボックス上でのファイル名の変更。
win_0458 ディレクトリの有無。
win_0459 ディレクトリ名の変更。
win_0460 ディレクトリ内のファイルリスト。
win_0461 ドライブリストの表示。
win_0462 ファイルとフォルダの数。
win_0463 CSVファイルの切り分け。
win_0464 CSVファイルの切り分けの実例。
win_0465 ファイルの連続削除。
win_0466 ファイルの有無。
win_0467 ファイル属性の変更。
win_0468 ファイルとフォルダの再帰的削除。
win_0469 ファイルの再帰的検索。
win_0470 ディレクトリ名の抽出。
win_0471 ファイルの削除。
win_0472 マウスボタンの操作。
win_0473 壁紙の書換え。
win_0474 マウスキャプチャー。
win_0475 特殊なフォルダのパス名の取得。
SHGetSpecialFolderPath,PathAppend
win_0476 SHFileOperationを使ったファイル処理。
win_0477 SHFileOperationによる複数ファイルの一括削。
win_0478 シェル関数によるパス名の操作。
PathStripToRoot,PathBuildRoot,PathStripPath,PathFindFileName,PathQuoteSpaces,
PathRemoveBlanks,PathRemoveBackslash,PathAddBackslash,PathIsFileSpec,PathRemoveFileSpec,
win_0479 シェル関数によるディレクトリ名の操作。コンソールアプリケーションとシェル系の関数。
PathIsDirectory,PathIsDirectoryEmpty,CString,StrCpy,
win_0480 シェル関数による拡張子の操作。
PathRemoveExtension,PathAddExtension,PathRenameExtension,PathFindExtension
win_0481 ドライブの容量と空き領域のサイズを取得する。
SHGetDiskFreeSpace,StrFormatByteSize64,StrFormatByteSize,ULARGE_INTEGER,
win_0482 CSIDLの使い方。
win_0483 PathAppendの使い方。
win_0484 PathFindOnPathとファイルの検索。
win_0485 SHGetFolderPathの使い方。
win_0486 任意のディレクトリを作成する。
新規に「c:\aaa\bbb\ccc\ddd」を指定すると既存ディレクトリがない場合は「c:\aaa」「c:\aaa\bbb」「c:\aaa\bbb\ccc」「c:\aaa\bbb\ccc\ddd」を一挙に作成する(既存していればそれを使い新規には作成しない)。
CreateDirectory,CStringList
win_0487 ディスクトップのディレクトリの取得。
win_0488 ごみ箱の扱い方。
win_0489 文字コードとデータ型。
win_0490 ダイアログとドラッグ&ドロップの操作。
DragQueryFile,OnDropFiles,
win_0491 SDI/MDIプログラムとドラッグ&ドロップ。
win_0492 レジストリの取得、設定、削除。
win_0493 レジストリの操作。
win_0494 APIとファイル操作/CreateFileとGetFileSize。
win_0495 プロセス処理関数の使い方。起動したプログラムが実行中かを調べる、起動したプログラムが終了するまで待機する、起動したプロセスを終了させる。
win_0496 GetExitCodeProcess関数の問題点。(1)二重ループの正常例、(2)一重ループの失敗例、(3)一重ループの正常例。
PeekMessage,
win_0497 セットアッププログラムの作成。
win_0498 CWinAppとMFCプログラムの動作の流れ。
win_0499 afx_msg修飾子とvirtual。
win_0500 ポリモーフィッククラスとオーバーライド。