0801-0900ソースの内容/使用した関数や構造体など
win_0801 SetBkMode/TRANSPARENTの落とし穴。前の描画が残る場合の原因と解決。
win_0802 GetHttpConnectionとOpenURLの使い方とその差異。
win_0803 GetHttpConnectionとOpenURLの使い方。不具合が発生する原因の検討。
win_0804 GetHttpConnectionとOpenURLの使い方。エラーコードを処理して不具合を修正した場合の検討。
win_0805 CStringT/Findの使い方。フォームビューで使うCDataクラスのデータから部分一致で文字列を検索する。
win_0806 CTreeCtrlの基本的な関数の使い方。
GetNextItem,DeleteItem,SetItemData,GetItemData,
win_0807 メッセージボックスと改行。
win_0808 実行型ファイル名を変更する。
win_0809 CFileクラスとその派生クラス。
win_0810 いろいろな関数。
win_0811 ドキュメント・ビュー・アーキテクチャ。
win_0812 ダイアログ単位。GetDialogBaseUnitsとMapDialogRect。
win_0813 CFileExceptionクラス。
win_0814 CFileクラスの使い方。
win_0815 UnicodeとMBCS。
win_0816 MBCS/Unicode変換マクロ。
win_0817 似て非なる概念。DDXとDDV。CDHtmlDialogとCHtmlView。
win_0818 マニフェストファイルの文字コード。
win_0819 ハンドルとオブジェクト。
win_0820 CComBSTRクラス。
win_0821 BSTRの使い方。
win_0822 ダイアログのフォント。
win_0823 ポインタの使用規則(Rules for Using Pointers)。
win_0824 デバイスコンテキスト。
win_0825 GetSafeOwner関数。
win_0826 アトム(ATOM)とは何か。アトムを返す関数。
win_0827 HtmlHelp(*.chm)の作り方。
win_0828
win_0829
win_0830
win_0831
win_0832
win_0833
win_0834
win_0835
win_0836
win_0837
win_0838
win_0839
win_0840
win_0841
win_0842
win_0843
win_0844
win_0845
win_0846
win_0847
win_0848
win_0849
win_0850
win_0851
win_0852
win_0853
win_0854
win_0855
win_0856
win_0857
win_0858
win_0859
win_0860
win_0861
win_0862
win_0863
win_0864
win_0865
win_0866
win_0867
win_0868
win_0869
win_0870
win_0871
win_0872
win_0873
win_0874
win_0875
win_0876
win_0877
win_0878
win_0879
win_0880
win_0881
win_0882
win_0883
win_0884
win_0885
win_0886
win_0887
win_0888
win_0889
win_0890
win_0891
win_0892
win_0893
win_0894
win_0895
win_0896
win_0897
win_0898
win_0899
win_0900