*.dat拡張子とドシロウトの迷信

少しでもパソコンを知っている者にはどうということもないことだが、*.dat」拡張子に対するドシロウトの無知と迷信には根強いものがある。*.datというもっともらしい何か意味ありげなネーミングに幻惑されるのがドシロウトの常である(拡張子迷信)。

その昔、某パソコン教室でアルバイトしていたときに、会社でExcelしか触っていないようないいトシをしたオジサンたちから聞かれた定番質問は「datの拡張子のファイルはどうしたら見られるのか」ということだった。ドシロウトの定番中の定番である。ドシロウトの実体はエクセルバカである。
LOG
210.166.178.38 [06/Mar/2021:11:09:19] tpc_0234 dat ファイル エクセル変換
122.210.208.75 [12/Jan/2021:12:13:15] tpc_0234 datファイル エクセル変換
221.186.111.98 [11/Dec/2020:18:56:56] tpc_0234 datファイル エクセル変換
180.197.94.83 [10/Dec/2020:12:52:11] tpc_0234 datファイル エクセル変換
49.98.74.192 [29/Mar/2019:18:59:45] tpc_0234 Datファイルをエクセルファイル
笑えるバカどもだが、無知蒙昧暗愚のエクセルバカの実態をよく表している。
160.15.18.42 [22/Jun/2017:14:00:24] dat file コマンドライン
202.224.28.241 [29/Jul/2016:18:35:29] プロテクト dat 開き方
ドシロウトの言いそうなことだが、プロテクトが笑える。
183.157.104.15 [13/Aug/2018:09:42:10] datファイルの開き方
ドシロウトの定番中の定番である。
221.246.38.92 [12/May/2016:16:27:57] datファイルの開き方
203.180.184.87 [05/May/2016:15:45:41] datファイルの開き方
182.250.248.201 [14/Apr/2016:15:30:13] datファイルの開き方 dos
118.238.232.79 [30/Jun/2016:13:51:37] datファイル バイナリ  閲覧 コマンドプロンプト

エクセルバカ
101.110.36.35 [04/Apr/2018:15:27:31] datファイルの作り方
210.226.38.92 [21/Oct/2016:16:28:45] DAT エクセル
118.17.58.88 [07/Sep/2016:19:52:21] excel2013vbaは.datファイル作れないのか?
バカ丸出し。こんな程度がエクセルバカなのである。
122.223.73.177 [01/Oct/2016:08:35:14] datファイルの開き方エクセル
133.218.250.114 [24/May/2016:12:20:56] dat エクセル
150.46.200.19 [17/Aug/2016:17:38:52] datファイルの開き方エクセル
222.151.236.126 [26/Apr/2016:10:48:48] datファイルの開き方エクセル
ドシロウトの定番である。バカの世界にはエクセルしかないこともよくわかる。
「それだけでは何のファイルかはわからない」のである。どんなファイルにどんな拡張子をつけてもよい。そういう基本がもうわかっていないのである。基本がわかっていないということは何にもわかっていないということである。

拡張子を含めてファイル名などは、そのファイルに付けた名札にすぎない。誰がどんな名札を付けようとそれは自由である。中味は変わらない。Excelのファイルの拡張子に.datを付けてもよいし、JPGファイルの拡張子に.datを付けてもまったくかまわない。ファイルの実質・実体は何も変わらない。その例はここを参照。ただし、拡張子を自由に勝手に付けると拡張子起動はできなくなる。拡張子を手かがりにファイルを選別しているソフトが動作しなくなる。ただ、それだけのことである。

無知蒙昧のエクセルバカばかりの会社などではエクセルのファイルの拡張子に「.baka」「.aho」「.manuke」「.bus」「.debu」などの拡張子を付けておくだけでファイルのプロテクトになるというウソのような本当の話もある。昔は拡張子迷信に毒されたバカ社員を相手によく使ったものである(笑)。


わたしは、*.dat*.crypt*.tsvなどの「何か意味ありそうな」拡張子を付けるのはドシロウトのバカのためによくないと常々思っている。で、私が推奨するのは、*.crypt → *.baka 、*.tsv → *.aho 、*.dat → *.manuke である。こうすれば、こんな無意味な検索をしてくるバカも激減するはずである。
LOG
203.180.184.77 [15/Dec/2015:16:24:36] dat  ファイル ソート コマンド
1.75.254.81 [04/Dec/2015:10:21:58] dat メモ帳 ソート
58.1.242.198 [08/Nov/2014:15:58:26] datファイル ソート
133.40.221.196 [05/Feb/2014:19:28:27] C言語 datファイル ソート
C言語などを知っている人間の発想ではない。ただのドシロウトである。何のデータかわからないものを誰がソートできるのか。

LOG
126.254.153.182 [28/Jan/2014:21:03:50] dos dat cmd 違い
意味はまったく通じない。何にも知らないオトコがこういうことを言い出すのである。言葉だけどこかで拾ってきただけである。

LOG
218.218.251.162 [07/Jul/2015:09:11:21] dat 扱い方
124.255.123.200 [22/Aug/2014:20:57:05] datファイル プロンプトで追加
221.171.173.44 [18/Jun/2014:21:21:46] datファイル 作り方 コマンドプロンプト
183.77.170.204 [23/Oct/2013:15:10:34] datファイルの作り方 コマンドプロンプト
無知とはこんなものである。エクセルバカのバイナリバカに通じるものがある。

LOG
219.115.120.146 [19/Mar/2015:01:06:31] datファイル コマンドプロンプト
124.86.157.171 [09/Mar/2015:16:13:45] cmd dat
153.163.84.12 [11/Nov/2013:01:28:07] datファイル コマンドプロンプト
126.10.50.239 [10/Oct/2013:14:50:55] datファイル 編集 コマンド DOS
183.77.249.138 [23/Oct/2012:10:29:06] コマンドプロンプト DATファイル実行
コマンドプロンプトなど使うレベルじゃないね。
203.138.242.206 [13/Aug/2012:02:39:25] コマンドプロンプト dat 編集
61.86.32.138 [19/Apr/2010:23:56:28] コマンドプロンプト dat
58.88.247.148 [18/Jul/2010:16:12:53] .datの内容をコマンドプロンプトで見るには?
何の関係もないことをよくも羅列できることよと驚くばかりである(笑)。


次のようなものもC言語を知っている者の発想ではない。ドシロウトが「C/C++言語」を名乗っているだけである。
LOG
163.209.132.253 [10/Nov/2018:12:12:57] c言語で作ったdatファイル開き方
ドシロウト丸出し。何言語で作ろうと関係はない。何を作ったのかが問題。
182.251.242.1 [28/Jul/2016:10:23:04] "C言語 datファイル コマンドプロンプト
133.87.128.95 [29/Nov/2012:15:18:02] c言語 プログラム リダイレクト dat exe
182.249.223.86 [14/Aug/2013:08:02:51] DAT フォーマット c言語
192.218.140.229 [01/Jul/2010:12:07:03] c++ コマンドプロンプト dat

エクセルバカの世界にはエクセルしかない。したがって、次のようなオバカも普通に出てくる。
LOG
202.219.80.100 [05/Mar/2015:22:43:55] コマンドプロンプト エクセルでdatファイルを開く
126.186.136.116 [05/Apr/2015:18:32:23] datエクセル起動

- 2015/06/17(移記) -





相変わらずドシロウトたちの「datファイルの開き方」というのが多い。何のファイルかわからないものにそんなものがあるワケがない。しかし、バカにはそんなことはわからない。それで、ちょっとヒマつぶしの余興に「datファイルの判別もどき」(checkdat.exe)を作ってみたものである。バカのために一言しておくと、「お遊び」ツールだから実用価値は皆無である。しかし、バカほどこんなことに興味を持つのであるが。

実行例
【標語】バカの蒙(もう)を啓(ひら)くことは難しい
オバカたちに強固にしみついた拡張子迷信を打破するときの適例として使えるかもしれない(笑)。
  1. *.datファイルといっても拡張子だけではどんなファイルかはわからない。
  2. どんなファイルにどんな拡張子をつけてもよい。ファイルの実体(中身)は変わらない。
ちょっと知った者には何のこともない常識だが、「1対1」的な固定観念や思い込みにドップリとつかっているドシロウトには理解不能の世界であろう(推測)。


確認である。確かにビットマップファイルである。



Excelファイルとdatファイルのチェック(ccp_6017)


タコの殿堂
バカは学習しないから永久にバカなまま。このネタも永久に不滅。客引きには困らないわね。