Microsoft Edgeは使えない

Microsoft Edgeには「Interner Explorerで開く」という項目がある。こんなことをするぐらいなら最初からInterner Explorerを使っているほうがよい。
デカ文字といい、デカメニューといい、広い行間隔といい、すべてはオヤジたちの太い指先でベタベタとさわることを意識したもので気分が悪い。


無意味
似たようなものを2つも起動しても意味はない。





バグ
描画機能にバグがあるのもIEと同じである。



Internet Explorerの便利な機能

Windows 10で最も使えないのはMicrosoft Edgeである。これにローカルの*.htmlファイルの編集機能、といってもメモ帳などにソースを呼び出してそこで書き換えたりする機能が見当たらない。これは以前までのInternet Explorerには不自由ながら存在していた機能である(だんだん隅に追いやられている)。

ホームページなどを手動でシコシコと作っている場合にはこれは必須の機能である。それだけでなく、ブラウザを一般的にデータ整理編集ツールとして使っている者には不可欠の機能でもある(下図)。ブラウザで見ているときに、ここはこう直したほうがいいな、と思ったときにその場ですぐに直せる。これが絶対に必要である。

そういう機能がないブラウザでは全く意味がない。さいわい、メインに使うブラウザとしてInternet Explorerに変更できるから、さっそく変更した。

以下はMicrosoft Edgeにはない機能である。
このような編集機能が使えないと意味がない。

1
「ファイル(F)」メニューの中にある「メモ帳で編集(D)」の項目で書き換えができる。
「メモ帳で編集」はフレーム分割では使えない。フレームの編集だけでフレーム内に表示されたページの編集はできない。


2
マウスの右クリックで出てくる「ソースの表示」の項目でメモ帳で編集(書き換え)ができる。
「ソースの表示」はフレーム分割であってもフレーム内のページの編集ができる。


メモ
どちらも、「ここはこう直そう」と思ったそのときに即座に編集してその場で書き換えられるのがいいのである。
また、自作の検索ツールでの検索結果を「target="_blank"」で別ウインドウに表示できるのも便利なのである。

これらが両方とも使えないMicrosoft Edgeは使い物にならないのである。


総括

Microsoft Edgeにはクリエイティブに使える要素がまったくない。単に情報を見るだけ、消費するだけの受動的なもので、大衆受け(大衆迎合)するように作られたものである(愚民ツール)。情報を創造していく積極的なツールとしては使用できない。しかし、この「愚民仕様」は圧倒的多数の人間の使い方が受動的であることに対応したものであろう。

その点、まだ少しだがInternet Explorerにはクリエイティブに使える要素が残っている。

- 2016/05/20 -





Microsoft Edgeは使えない[1](tpc_0263)
Microsoft Edgeは使えない[2](tpc_0329)
Microsoft Edgeは使えない[3](tpc_0373)
少し進歩したMicrosoft Edge Ver.83(tpc_0475)
Microsoft Edge Ver.83以後のバグ(tpc_0476)
Microsoft Edge Ver.83の小さな進歩(tpc_0477)

Microsoft Edge / DevToolsの使い方(tpc_0495 ~ tpc_0500)