拡張子起動の設定とレジストリの設定

拡張子が*.eucのファイルがある。
これは一般的に使われているものではない。*.eucという名前の拡張子をもつファイルを独自に作ったものである。
その場合、エクスプローラーでクリックすると、開くソフトを指定する場面が出る(これを「エクスプローラーの拡張子起動の設定」という)。
それに合わせて「開くプログラム」を指定したものである。

独自拡張子の場合→「euc_auto_file」などのように「独自拡張子_auto_file」になるようである。



「euc_auto_file」でオープンするプログラムを指定している。


この「command」の部分(これを「レジストリの設定」という)を書き換えれば他のプログラムで読み込むことができる(自由に入れ替えができる)。

これと同様のパターンに「cgi_auto_file」(拡張子 *.cgi)、「php_auto_file」(拡張子 *.php)、「pm_auto_file」(拡張子 *.pl)、「pl_auto_file」(拡張子 *.pl)などがある。


「エクスプローラーの拡張子起動の設定」と「レジストリの設定」は一致している、または対応している。
しかし、中にはそれに当てはまらないものがあるようである(以下の項目)。


一般的な拡張子の場合

エクスプローラーの拡張子起動の設定とレジストリの設定とは別になっているのではないかと思われる例である。

拡張子がlogの場合

これは一般的な拡張子の代表的なものである。この場合は単に「txtfile」とあるだけである。


その「txtfile」を見ると次のようになっている。


しかし、エクスプローラーではHidemaru.exeのアイコンになっている。実際にもクリックするとHidemaru.exeが起動して読み込まれる。



拡張子がjsの場合

これも上と同様のことになる。



拡張子がcssの場合

これも上と同様のことになる。




以上、レジストリにはどこにもメモ帳(notepad.exe)の呼び出しは出てこない
しかし、エクスプローラーではnotepad.exeのアイコンになっている。実際にもクリックすると*.jsも*.cssもどちらもnotepad.exeが起動して読み込まれる。
これは「エクスプローラーの拡張子起動」で設定(指定)したものである。

*.jsや*.cssがすべてメモ帳(notepad.exe)のアイコンになっている。


これらについては、「エクスプローラーの拡張子起動の設定」と「レジストリの設定」とは別になっているようである(推測)。
こうなっていたからといって、今すぐに何か不都合が起こっているわけではない。ヒマでもあれば、この点についてそのカラクリがどうなっているのかを調べておくのもいいかもしれない。

- 2018/11/21 -