ブラウザの画像と右クリック

最近になって初めて気がついたことがある。こういうことはほとんどやらないからかもしれない。
PHP*.JPG画像を加工した画像である。画像を表示した時刻も画像内に組み込むというものである。これは新たな画像をPHPで作成したといってもいいかもしれない。
IEでは設定によって別ウインドウまたは別タブに画像が表示される。Edgeでは別タブに表示される。
その画像を右クリックで保存するとWindows 10(IE Ver.11)では次のようになる。



作成した画像をJPEGで出力している。なお、ここをPNGで出力することもできるが、それはやっていない。
元の画像データが$img1で、加工した画像データが$img2である。この例では時間を書き込んでいる。

SAMPLE
header("Content-Type: image/jpeg");

imagejpeg($img2);

しかし、それで表示された画像について、その保存形式は*.PNG*.BMPだけで*.JPG(*.JPEG)はない
デフォルトは*.PNGである。これはEdgeでも同じだった。これは今初めて気がついた。へぇ、そうなの、である(笑)。今はこうなっているようである。


*.PNG72.5KBで、*.BMP154KBだった。*.PNGは約半分のサイズになっている。

- 2019/01/22 -